2016年11月21日

人生で大切にしたい懐かしの絵本から学んだ、大人になっても忘れずにいたい名言、言葉

子供のころに読んだ本、読んでもらった本。そんな「思い出」のなかには、大人になっても忘れずにいたい名言がたくさん込められています。

海外児童文学のなかでも、日本人に馴染みのある本にしぼり、名言を5つ紹介したいと思います。「mindbodygreen」にて、Dr.Lawrence Rosen氏がまとめていました。


懐かしの絵本から学んだ、人生で大切にしたい海外児童文学の言葉.jpg

懐かしの絵本から学んだ、人生で大切にしたい5つの言葉


01.クマのプーさん

森の自分の住処にいて、他の人が訪ねてくるのを待っているだけってわけにはいかないよ。たまには他の人を自分から訪ねなくっちゃ。

(A・A・ミルン)




02.シャーロットのおくりもの

「どうして僕にそんなことしてくれたの?」彼は尋ねた。

「僕にはそんなことしてもらう価値なんてないよ。君になにもしてあげてない」

「友達でいてくれたじゃない」シャーロットは答えた。

「それって、それ自体でものすごいことなのよ」


(E・B・ホワイト)




03.指輪物語 旅の仲間

ぶらついてる人が全員迷子になるわけじゃない。

(J・R・R・トールキン)



04.ハリー・ポッターと秘密の部屋

「我々が何者であるかを示すのは、我々の選択なんだよ、ハリー。我々の能力よりも、もっとずっと」

(J・K・ローリング)





05.星のおうじさま

全ての大人はかつて子供だったんだ…でも、そのことを覚えている人はほとんどいない。

(アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ)




Licensed material used with permission by MindBodyGreen



TABI LABO引用









posted by magic-dx at 08:00| Comment(0) | 読書・BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。